施設について

HOME > 施設について

西崎プール場内規則(平成29年度)

   平成29年度西崎プール場内規則

 1.心臓病・耳垂れ・眼病・皮膚病・伝染病疾患・陽性転化して1年以内医師に、水泳不適当と診断された方は入場できません。
 2.幼児(小学校就学前の者)は大人の保護者(18才以上)が水着で一緒に入水して下さい。 (大人1名につき小人2名まで)
 3.プールは水着であれば遊泳できます。 (ラッシュガードは屋内外でもOK)(屋内は必ず水泳キャップ着用)
   (パドル・ライフジャケット・ウェットスーツOK、ただし海で使用した場合洗浄してしようすること。)
 4.化粧・整髪料・絆創膏・日焼け止め等は取り除いてから、場内にお入り下さい。
 5.場内に非衛生・危険な物(ガラス・金属製品・時計・ヘアピン・ラジオ・ウォークマン・日傘・パラソル等)は持ち込まないで下さい。
   (金属製品の中にはピアス・ネックレス・イヤリング・指輪等) (屋外のみ防水時計着用可能)
 6.プール内には必ず水着を着用し、Tシャツ等は脱いで下さい。 (ラッシュガードはOK)
 7.スライダーは身長120cm以上の人が1人で滑って下さい。
 8.スライダーは仰向けに寝た状態で滑り、滑り終えたらプールから素早く出て下さい。
 9.浮輪はドーナツ型・ボール・幼児用浮輪は使用可能。 (乗るタイプの浮輪は使用禁止)

10.保護者のいない高校生以下の遊泳時間は20:00までとします。
11.オムツの取れない幼児は防水オムツの上から水着を着用すれば利用できます。 (屋内プールは幼児用に限る)
12.屋内プールには、シャツ等は持ち込まないで下さい。 
   *飲み物(ペットボトル・水筒)等は屋内プールの指定した置場に持ち込めます。
    (持ち込める飲み物は、水・スポーツドリンク・経口補水液等)
13.犬猫等、動物を連れている方は入場出来ません。 (介護犬はプールサイドまではOK)
14.睡眠不足の方や酒気を帯びた方は入場出来ません。
15.遊泳者のメガネ・サングラス等での遊泳は禁止しています。 (屋外多目的・幼児用はメガネホルダーをつけて使用可能)
16.飛び込み・潜水は禁止します。
17.プールサイドは走らないようにお願いします。
18.混雑時はバック・バタフライ・クイックターンを禁止します。
19.営利を目的としたプール使用および施設内での営利行為は禁止します。
20.所定の場所以外での飲食は禁止します。
   【原則外からの食べ物の持ち込み禁止、飲み物はOK(クーラーBOX等でもOK) 】
   *団体等の明らかに多数の弁当の持ち込み食事の際はプール外で食事してもらいます。
21.決められた場所、及び方向で泳いで下さい。
22.施設内は全面禁煙。
23.プールに入る前はシャワーを浴び、準備運動をして下さい。
24.場内は土足厳禁。ただし、底の低いゴムぞうり等は可能。 (アクアシューズは水中でもOK)
25.退場する場合は、洗顔・シャワーを充分に浴びてください。
26.水中マスク・フィン・シュノーケル等は持ち込まないでください。 (パドルは専用使用の時間のみ屋内ではOK)
27.障がい者は介護人(18才以上)が好き添っていれば入場できる。 (高校生も可能)
   (付添は基本1人だが程度により介護出来ない場合は2人迄OK)  (市外は半額、ただし介護人は無料)
28.危険な行為や他人の迷惑になる行為は禁止します。
29.事故防止の為、1時間に1回10分間の休憩時間を実施しています。
30.入場者が多数の場合や悪天候(雷・強風・大雨等)により入場を制限することがあります。
31.カメラ・ビデオ等の撮影をする場合は、他のお客様のプライバシーを侵害しないようお願いします。
32.過度のイレズミの方はご遠慮下さい。
33.屋外プールに限り、水中用のつば等が付いた帽子はOK。

   
*当プールの規則を守り、係員の指示に従って下さい。
     
  プール規則は一部変更や改正の場合があります


 

管理団体の紹介

糸満市体育施設(総合運動公園及び糸満市内43ヶ所の公園含む)は、平成25年4月より指定管理者『糸満市公園・体育施設管理共同企業体』において運営管理を行っています。

糸満市公園・体育施設管理共同企業体構成員

代表企業 特定非営利活動法人 糸満市体育協会
構成員  公益社団法人 糸満市シルバー人材センター
構成員  特定非営利活動法人 ドリームブリッジ
構成員  株式会社 沖縄ダイケン

 

西崎運動公園の沿革

糸満市は、沖縄本島最南端に位置し、西は東支那海、南は太平洋に面し、那覇から南へ12km、面積45.8k㎡の漁業、農業、商業の複合都市として発展してきました。

昭和59年に市民の福祉増進、産業の振興を目的とした第4次埋立事業(260ha)が竣工し、住宅用地をはじめ、工業用地、商業用地により形成される西崎地区が誕生しました。

現在、糸満市の新しい顔となる振興地域として活況を呈しているところであります。

西崎運動公園は、その西崎地区に約15haの面積を有し、市民の快適な生活環境と生涯スポーツの普及、体位向上を目的に野球場(昭和59年)、体育館(昭和60年)、多目的広場(昭和60年)、第2種公認の陸上競技場(平成3年)、4面の庭球場(平成6年)レクリエーションプール及び屋内プール(平成9年)、合宿にも対応できる宿泊研究施設(平成9年)等が整備され、スポーツ、娯楽、交流の場としての機能を有する総合運動公園として、市民をはじめ、県内外の皆様に利用されています。

糸満市スポーツ健康都市宣言

私たち糸満市民は、日常生活の中でスポーツに親しみ、生涯にわたりスポーツ活動を通じて健康でたくましい心とからだをつくり、創造性あふれる豊かで明るい郷土を築くために、ここに『糸満市スポーツ都市』を宣言します。

1 すべての市民がスポーツ活動を通じて、健康な心と体をつくりましょう。

1 すべての市民がスポーツに親しみ、ふれあいを通して多くの仲間をつくり友情の輪を広げましょう。

1 すべての市民がスポーツの普及振興を推進し、緑豊かな活力あふれる明るいまちをつくりましょう。

1 すべての市民がスポーツを通じて、広く世界の仲間と手をつなぎ平和な郷土を築きましょう。

トップへ戻る